中部の私立大学・短期大学 大学展

コロナ禍でも情報は一杯!

愛知県私立大学協会 会長 森棟 公夫
(学校法人椙山女学園 理事長)

今年はコロナ禍のため世界中が大変な状況になっています。「緊急事態宣言」が解除されたものの、コロナ禍がこれからどう変化し、大学・短期大学の教育がどのような影響を受けていくのか。この答えを知る人は誰もいません。このような状況の中で「大学展」は中止となりますが、高校生の皆さんは各大学・短期大学のパンフレットを手に入れ、関心をお持ちの学校についての入試・受験情報を詳しく調べてください。また、インターネットを利用して、関心を持つ学校についての更なる情報を収集してください。質の高いパンフレットを手に入れることができ、また、インターネットで情報収集が自由にできる皆さんは、コロナ禍の最中においてさえ、我々の時代よりはるかに恵まれているのです。

道険しといえども、行かざれば至らず

愛知県私立短期大学協会 会長 滝川 嘉彦
(名古屋文理大学短期大学部 理事長・学園長)

荀子の言葉に「道近しといえども、行かざれば至らず。」があります。どんなに近い道でも、足を踏み出さなければ行き着くことはできないという意味です。しかし現在の道は近いどころか遠く険しいものになってしまいました。「道険しといえども、行かざれば至らず。」という造語には、それでも人は前を向いて進まなくてはならず、高校生の皆さんには勇気をもって最初の一歩を踏み出してほしい、そんな願いを込めました。私たちは、勇気ある皆さんを全力で支え、短大の特徴である安定した職業へ導きます。

良き「出会い」を「あなた」のものに

愛知県公立高等学校長会 会長 柴田 悦己
(愛知県立岡崎高等学校 校長)

人生は「出会い」によって形づくられる、と言えるほど、人生にはさまざまな「出会い」があります。その「出会い」に意味を見いだし、良き「出会い」にするのは「あなた」自身です。
良き「出会い」の場面としては、人や物にじかに接する機会、生き方を示してくれる一冊の本、身近な人の一言などが思い浮かびますが、このガイドブック「キャンパスinちゅうぶ」に示された次に進むステージに関する情報も、「あなた」が進む方向を定める上での良き「出会い」の一つとなることでしょう。
新型コロナウイルス感染症の影響が続き、先の見えにくい状況にありますが、こうした中にあっても、「あなた」が自ら良き「出会い」を求め、進路を切り拓いてくれるよう期待しています。

自由かつ多様な発想で次代を切り拓こう

愛知県私学協会 会長 榊 直樹
(学校法人東邦学園 理事長 / 愛知東邦大学 学長)

皆さんは先生から「これからは予測困難、正解のない時代」「思考力・判断力・表現力が大切だ」と、指導されてきたでしょう。と言われたって?……と漠と感じてきた問いに、今ほど明確で具体的に向き合わざるをえない時代はありません。新型コロナウイルスのまん延です。
「命」と「暮らし・経済活動」を天秤にかけることは厳に慎まれるべきです。が、「コロナとの共存」をどう生き抜くか。「正解や最適解」を最優先にしがちな社会にあって、若い皆さんこそが自由かつ多様な発想で次代を切り拓く担い手になると信じます。
それぞれが異なる価値を認め合いながら学生を育てる私立大学は、意義ある選択だと思います。「私大の良さ」を見つけてください。

自分の手で将来の夢をつかみ取ろう

岐阜県高等学校長協会 会長 折戸 敏仁
(岐阜県立岐阜高等学校 校長)

新型コロナウイルス感染症拡大の終息が見えない中、皆さんは今、様々な不安と闘いながら、それぞれの夢の実現へ向けて学習を進めていることと思います。将来、どのようなことをしたいのか、どのように社会に貢献していこうとするのかを、適切な情報をもとによく考え、夢の実現へ向けて毎日の計画的、継続的な学習を進めてください。毎日の小さな積み重ねが夢の実現につながっています。大切なことは最後まで挑戦し続けることです。
精一杯頑張っている皆さんを心から応援しています。将来の夢を自らの手でつかみ取ってください。

受験生の皆さんを応援します

三重県立学校長会 会長 加藤 幸弘
(三重県立四日市南高等学校 校長)

新型コロナウイルス感染拡大による高等学校の臨時休業や分散登校等が行われた中にあっても、それぞれの夢や目標の実現に向け努力を続けている受験生の皆さんを、心より応援します。第2次世界大戦以来ともいえる社会・国・世界の激動の中、大学入試の試験内容や受験生の進路希望状況なども変動する可能性があります。
このような状況であるからこそ、従来にも増して、自分自身とともに世の人々のためにどんな将来像を目指すのか、一人ひとりが今一度よく見つめ直すことが重要と考えます。そのうえで、「キャンパスinちゅうぶ」等を活用して大学等をよく知り、感染終息後の世界での活躍を目指してください。

行動によって何かを実現しようとする気持ち

静岡県高等学校長協会 会長 志村 剛和
(静岡県立静岡高等学校 校長)

幾度となくヒントをいただいた本に『希望のつくり方』があります。著者の玄田有史さんは、希望を「行動によって何かを実現しようとする気持ち」と表します。コロナ禍の影響で、高校生の皆さん、特に3年生にとり、高校生活の多くの時間を費やし目標としてきたスポーツ大会、演奏会、発表会、検定試験等が中止になり、無力感、喪失感…を抱いていることと思います。大学入試や就職等に向けても、先が見通せず不安は募るばかりです。
先日、皆さんと同年代の水泳選手・池江璃花子さんのウィッグを外した、ありのままの写真が投稿されていました。実現しようとする「気持ち」と「行動」に満ちた、「希望」が溢れていました。

皆さんの進路選択の一助に

愛知県私立大学広報委員会 委員長 大石 和史
(東海学園大学 総合企画部 部長)

新型コロナウイルスの問題が生じ、高校生の皆さんにとっては、これまで経験したことのない状況下におかれ、不安な毎日を過ごされていることかと思います。また今年は、多くの大学で入試制度の変更が予定されており、進学先の選定を行う上での情報不足に焦りを感じているかもしれません。中部の私立大学、短期大学では、このような環境の中でも如何に役立つ情報を発信していくかを考え、例えば、WEBによるオープンキャンパスやオンラインでの相談会など新しい取り組みを始めています。詳しくはそれぞれの大学、短期大学に確認してみてください。さらに大学展HPでは入試制度の変更点をまとめた資料を公開していますので、こちらも是非活用してみてください。

▼5会場で開催!詳しくはクリック!

ページのトップへ戻る